36歳から始める大学院留学

不定期更新による、留学のキオクとキロク

Diary.04.Singapore

DSC07854

 

シンガポールの記事も今回で最後。少し駆け足気味で行きましょう!

本日のメインは、「Gardens by the Bay」。不思議な景観ですね。

DSC07803

来るのが少し早すぎましたね。ライトアップには、まだ少し時間があります。

DSC07809

位置的には、マリーナ・ベイ・サンズのすぐ裏。

DSC07794

園内の無料エリアを散策しながら、ライトアップショーのベストポジションを探します。と言っても、そこは人気のショー。すでに人でいっぱいでした。

DSC07819

一日に2回程、開催されるようなので、良いポジションを取りたい人は、早めに行く必要有りかもですね。

そして、光と音楽のショーの始まりです!

DSC07906

DSC07902

DSC07886

普通に、寝転がって鑑賞していますね ^ ^;

DSC07870

ちょっとだけ動画も(音が出ます)。

youtu.be

大満足で次へ向かうのは、マリーナ・ベイ・サンズ。やっぱり、綺麗で迫力がありますね。

DSC07978

DSC07999

DSC07985

DSC08032

DSC08009

マリーナ・ベイ・サンズの前面に位置するモールを通って外へ。

DSC08020

DSC08044

DSC08040

DSC08052

Helix Bridge方面へ向かいます。

DSC08058

DSC08074

Helix Bridgeからの眺めも綺麗。

DSC08117

DSC08100

DSC08109

DSC08125

 

約10年ぶりのシンガポールは、あっという間に過ぎていきました。今回は景色をメインと考えていたので(いや、会社のプロダクトトレーニングが一番ですよ、、ホントに)、月末の時は、美味しいご飯屋さんに沢山行けたらと思っています。

 

P.S.

シンガポールオフィスの方にご飯に連れて行ってもらった時に、ドリアンに初挑戦!しかし、これは、、スキキライが分かれますね。私は苦手かも(^ ^;

IMG_2393

Diary.03.Singapore

DSC07769

 

今回は、ホテルから少し歩いて「clarke quay(クラーキー)」エリアへ。

色使いが淡くて可愛らしいですね。

DSC07767

DSC07709

DSC07757

DSC07770

DSC07741 (2)

DSC07746

マリーナ・ベイ・サンズも見えますね。

DSC07735

そして、やって来たのは、美味しいバクテー(bak kut teh)が食べられると評判のお店(店名はわかりませんが、、)。

DSC07704

本当に美味しかった!月末の渡星時も再訪決定です♪

IMG_2423

DSC07701

陽も落ちると、このエリアの夜景もとっても綺麗。

DSC08408

DSC08372

DSC08317

DSC08303

テレビでタレントさんがシンガポールに行った時によく見かけるアトラクションも、このエリアにあります。

DSC08389

今日もよく歩きました。ホテルへ帰る前に、Suntec Convention Centre 近くにある「Fountain of Wealth(富の泉)」へ。真剣にお願いしておきました (-人-)

DSC08274

DSC08255

DSC08228

Diary.02.Singapore

f:id:born-r:20170313191005j:image

気付けば前回の更新から早4か月。。ずいぶん長い間、更新していなかったんですね。ですが、今月末に再び渡星(シンガポール渡航)するので、前回のは終わらせておかねば! と、急に書き始めたわけです。(といっても、今回は1週間ですし、前回から時間も開いていないので、月末のシンガポールは更新するかはわかりませんが)

という事で、しれーと前回からの続きです。

 

シンガポールの夜景、とても綺麗ですね。今日は、マーライオン近辺から夜景を撮ってみました。

橋を渡って向かいます。高層ビル群が背後に控えているので、絵になりますねー。

DSC07380

振り返るとドリアン型ドームも綺麗。

DSC07506

良い自撮りになりそうですね。

DSC07483

宇宙船みたい。

DSC07452

意外と空いている印象?

DSC07442

遊覧船も良さげです。

DSC07405

どっちを向いてもライトアップされた夜景がきれい。

DSC07391

本当にこのまま飛び立ってしまいそうです ^ ^;

DSC07362

充分夜景を楽しめたので、モールを通ってホテルへ戻ります。今日はよく眠れそうです。

DSC07542

Diary.01.Singapore

f:id:born-r:20170311233823j:image

 

「旅行」というタグを付けていますが、会社のプロダクトトレーニング(お仕事)でシンガポールに2週間ほど、滞在していました。トレーニング後や週末に少し(?)だけ観光!

 

まずやってきたのは、マーライオンシンガポールと言えば、の一番の観光名所でしょう。また、マーライオンの向かいには、有名なマリーナ・ベイ・サンズもあり、この一帯は、圧倒的な景色を楽しめます。夜景も素晴らしいのですが、それは後程。ちなみにですが、シンガポールマーライオンの位置関係はこのような感じです。

f:id:born-r:20170312143014p:plain

f:id:born-r:20170312143524p:plain

ホテルはこの近くだったので、歩いてマーライオンを目指します。まず目に入ってくるのは、まるでドリアンのような形の「Esplanade-Theatres on the Bay」。独特な形状ですね。

DSC07112

そして、次に見えてくるのが、マリーナ・ベイ・サンズ!位置関係は何となく把握はしていましたが、こんなに急に見えてくるとは思っていませんでした。大迫力!

DSC07121

マーライオンまでは、アーチ状の橋を渡っていきます。後ろには、シンガポールを代表する高層ビル群。

DSC07124

振り返ってみます。

DSC07126

多くの人で賑わっているようですね。

DSC07132

お約束の構図で一枚。

DSC07138

船に乗って、海側からも景色を楽しみめるようですね。

DSC07153

人が多かったので、今日はこのままパスして、湾を一周してマリーナ・ベイ・サンズを目指します。高層ビルの前を通っていくと、

DSC07159

絶好の休憩ポイント発見。

DSC07190

残念ながら、席は空いていませんでした(涙)。気を取り直して、先に進みます。マリーナ・ベイ・サンズの前に位置するショッピングモールに到着。

DSC07198

DSC07199

天井越しに見えてきました!

DSC07243

DSC07219

圧巻。

DSC07231

中に入るのは後日にして、今日は先に進みます。

DSC07245

これまた、夜に来たら綺麗であろう「Helix Bridge」を渡ります。

DSC07271

DSC07270

DSC07278

 

実は10年前にも一度、お仕事で来た事があります。ですが、その頃の記憶は既に曖昧ですし、マリーナ・ベイ・サンズもありませんでした。ですので、初めて来た時のようにFreshな気持ちで楽しめました ♪

新勝寺

f:id:born-r:20170211222511j:image

 

今日は、朝からとても良い天気。朝食を取って、洗濯をしたら、既に10時近く。前回の伊豆ほど遠出は出来ないので、近場でどこへ行こうかな?思いつきで、成田山新勝寺を目指す事に。

DSC06860

13時過ぎに新勝寺に着いたのですが、駐車場はどこも満車状態。また、近辺は駐車場を探す車で渋滞。まったく下調べをしていなかったので、行きつ戻りつ30分近く経って、やっと見つけました。

DSC06866

厄払いしておいた方が良かったかな。。

DSC06879

なんていう花?でしょう。

DSC06886

三重塔。

DSC06894

The・正門。

DSC06904

多くの人で賑わっていますね。

DSC06910

奥に大提灯が見えますね。

DSC06914

「魚がし」と書いてあるようです。読めない。。

DSC06916

何か意味があるのかな?

DSC06918

なんと書いてあるのでしょう。x組?

DSC06924

お地蔵様。

DSC06930

香閣から大本堂を望む。

DSC06937

とても立派な本堂でした。

DSC06938

こういう構図を取りたくなる装飾ですよね。

DSC06950

造花です、念のため。

DSC06959

滞りなく、上手くいきますように。

DSC07041

 

このまま帰宅するのも何だかもったいないので、佐原市を目指します。ちょこちょこっとスマホで調べたところ、古い町並みと青々とした柳が印象的。これは楽しみ!と気分も上々に向かいます。途中、少しだけ休憩。気温もそこそこありましたし、風も強くなく、本当に気分良かったなー。

DSC06966

DSC06972

 

新勝寺から、50分程度で到着。こんな感じなようですね。ワクワク。

DSC06974

 

 

ただね、、

 

 

 

時期がね、、

 

 

 

DSC06975

DSC06978

 

もっと早く気付けよ、自分。。と、笑うしかありませんでしたが、とにかく川沿いを歩いてみます。

えびす様?

DSC06982

。。。

DSC07021

こころなしか、寂しそうに見えますね。

DSC06983

ベンチも置かれています。

DSC06991

えびす様や酔っ払い以外にも、沢山の銅像?置物?がありました。

DSC07017

ふと見上げると、空が広い。鳥も気持ちよさそうに飛んでいます。

DSC07023

 

帰りは、東関東自動車道の大栄から乗車。途中のPAで似たようなバイクを発見。車種は違いますが、車体もメットもブラックで統一。少し親近感を覚えましたよ。

DSC07035

 

18:30頃に無事帰宅。春の訪れまであと少し。早く暖かくならないかな。

 

走行距離 : 185km

伊豆

f:id:born-r:20170121231950j:image

 

先週末の土日、終日を部屋でゴロゴロしながら過ごしてしまい、「なんだかもったいなかった」という気持ちがずっとあって、今週はバイクに乗ろうと決めていました。

天気もまずまずだったので、伊豆ツーリングへと行ってきました。

金曜日帰宅後、伊豆について調べていると、伊豆半島の中央部辺りは(時間によっては)凍結もありそうだったので、今回は伊豆半島をぐるっと一周する事に。ただ、今の時期、日照時間も短いですし、一周するのに時間も掛かりそうなので、早朝に家を出発。

IMG_2293

 

陽が昇る前の高速道路は、バイクでは心が折れる位に寒いので、下道で向かいます。ただ、そうは言っても、そこそこ時間も経ってしまったので、西湘バイパスは利用しました。西湘PA辺りでちょうど日の出を迎えたので、少しだけ休憩。

やっぱり、朝日はいいものですね。

DSC06489

ベンチに座って、ゆっくりと眺めてみたいものですね。

DSC06493

 

まずは、城ヶ崎海岸へ向かいます。西湘バイパス後は、R135をひらすら南下します。湯河原、熱海、伊東と進み、9:30過ぎに到着。そこは、なんとも風光明媚な場所でした。

断崖絶壁。

DSC06533

何の想いに耽っているのでしょうか。

DSC06544

灯台もありました。

DSC06549

こうやってみると、高低差もあり苦手かも?と思う人もいるかもしれませんが、実際はかなりしっかりとした作りの橋なので、怖さはありませんでしたよ。

DSC06584

 

引き続きR135を南下を続け、次の目的地は、龍宮窟。

ここを降りていきます。

DSC06591

先が見えないので、期待感が高まります。

DSC06593

おお、なかなか綺麗。

IMG_2317

一旦外へ戻り、龍宮窟の周りに敷かれている散歩道へ向かいます。映画「紅の豚」のオープニングでポルコロッソのアジトがある風景に少し似てる?

IMG_2322

龍宮窟から降りてくると、左側から出てきます。

IMG_2324

サンドスキーと呼ばれるソリを使った遊びが出来るようです。

IMG_2327

 

今日は本当に良いお天気。冬仕様のフル装備だと、日中帯は汗ばむほど。当初の予定通り、お昼過ぎには次の目的地、石廊崎灯台へ。ここが伊豆半島の南端ですね。

可愛らしい港ですね。

DSC06617

駐車場からは、15分ほど歩きます。

DSC06619

何漁に使うのかしら?

DSC06630

透明度も高そうです。

DSC06632

灯台よりも、まだ先に進めます。

DSC06633

ちょっとだけ、北海道の神威岬に似ているかも。

DSC06637

こんなところに神社が。

DSC06648

岩にめり込んでいるよう。

DSC06658

突端まで行けます。

DSC06666

駐車場に戻ってきました。どうして、船を陸に上げているのでしょうか。何か理由があるのかな?

DSC06686

 

今日のツーリングは、一周する頃には陽が落ちてしまう計算なので、おいしいご飯は最初から諦めていました。兎に角、先を急ぎます。中木にある港へ。

”オート“ キャンプも禁止 ◇

DSC06713

テトラポット

DSC06710

堤防の上で昼寝したい。

DSC06699

 

R136を北上し、土肥の辺りから県道17号線へと海岸線沿いを走ります。南伊豆から西伊豆へのルートを取ると、目の前に富士山を見ながらのツーリングになるので、Very Nice! その分、西日が眩しくて運転は注意が必要ですが。

DSC06729

 

16時前にViewPointの「煌めきの丘」到着。昨年夏は、今の会社に入社したばかりで時間がなく実行出来ませんでしたが、今夏こそは、富士登山を完遂したいものです。

DSC06724

田んぼアート

DSC06728

 

今日の日没はJust 17時。日没直前、急に雲が出てきて、山に沈んでいく陽は見れませんでした。

DSC06741

 

沼津ICから東名に乗り、海老名SAでラーメンをすすり、首都高へと進みますが、大橋JCTが通行止めで大渋滞に突入。へとへとになりながら、21時前に何とか帰宅しました。

カチンコチンに冷え切った体で入ったお風呂の気持ちいい事ったら、もう。

今日はよく眠れそうです。

 

走行距離 : 466km

千葉

明けましておめでとうございます。

昨年は元旦に大洗にある大洗磯前神社に行きましたが、夜間走行が余りにも辛かったので、今年は陽が昇ってから千葉へ。

 

朝起きて天気予報を見ると、予想最高気温は驚きの13℃。走り初めにはちょうど良い、という事で、特に予定は決めず、とりあえず千葉方面へ。

DSC06178

 

一路、東京湾岸道路を東へ向かいます。休憩で立ち寄ったコンビニでどこへ行こうかスマホで検索。まずは、太東灯台へ

DSC06209

DSC06204

DSC06192

DSC06183

 

次は、大山千枚田へ。内陸ルートを選んだはずなのですが、気付いたらなぜか安房小湊辺りの海岸線へ出てしまいました。良い機会だったので、海岸線へ降りてみる事に。

DSC06252

DSC06235

DSC06225

 

大山千枚田は、もちろん田植えの時季ではありません。十分素晴らしい眺めだったのですが、次は青々とした棚田を見に来たいと思いました。

DSC06274

DSC06266

DSC06288

 

そうそう、足元をよく見ると、夜間ライトアップ用のランプを発見。この時期に実施されているかはわかりませんが、暖かくなったら訪れてみたいものです。

DSC06275

 

次に向かったのは、鋸山。といっても登山ではなく、大仏と地獄のぞきが目的。

DSC06303

DSC06305

DSC06313

DSC06375

DSC06371

DSC06363

DSC06349

DSC06316

DSC06327

DSC06337

 

最後は、木更津にある江川海岸へ。夕陽を見に時刻を調節したつもりが、着いた時には沈んだ直後。。まさかの時間調整ミス。。それにしても、本当に不思議な景色。なぜ、海に向かって電信柱の列が延びているのか...

DSC06386

DSC06432

DSC06468

 

次は、勝浦タンタンメンを食べに行きたい。