読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

36歳から始める大学院留学

不定期更新による、留学のキオクとキロク

伊豆

f:id:born-r:20170121231950j:image

 

先週末の土日、終日を部屋でゴロゴロしながら過ごしてしまい、「なんだかもったいなかった」という気持ちがずっとあって、今週はバイクに乗ろうと決めていました。

天気もまずまずだったので、伊豆ツーリングへと行ってきました。

金曜日帰宅後、伊豆について調べていると、伊豆半島の中央部辺りは(時間によっては)凍結もありそうだったので、今回は伊豆半島をぐるっと一周する事に。ただ、今の時期、日照時間も短いですし、一周するのに時間も掛かりそうなので、早朝に家を出発。

IMG_2293

 

陽が昇る前の高速道路は、バイクでは心が折れる位に寒いので、下道で向かいます。ただ、そうは言っても、そこそこ時間も経ってしまったので、西湘バイパスは利用しました。西湘PA辺りでちょうど日の出を迎えたので、少しだけ休憩。

やっぱり、朝日はいいものですね。

DSC06489

ベンチに座って、ゆっくりと眺めてみたいものですね。

DSC06493

 

まずは、城ヶ崎海岸へ向かいます。西湘バイパス後は、R135をひらすら南下します。湯河原、熱海、伊東と進み、9:30過ぎに到着。そこは、なんとも風光明媚な場所でした。

断崖絶壁。

DSC06533

何の想いに耽っているのでしょうか。

DSC06544

灯台もありました。

DSC06549

こうやってみると、高低差もあり苦手かも?と思う人もいるかもしれませんが、実際はかなりしっかりとした作りの橋なので、怖さはありませんでしたよ。

DSC06584

 

引き続きR135を南下を続け、次の目的地は、龍宮窟。

ここを降りていきます。

DSC06591

先が見えないので、期待感が高まります。

DSC06593

おお、なかなか綺麗。

IMG_2317

一旦外へ戻り、龍宮窟の周りに敷かれている散歩道へ向かいます。映画「紅の豚」のオープニングでポルコロッソのアジトがある風景に少し似てる?

IMG_2322

龍宮窟から降りてくると、左側から出てきます。

IMG_2324

サンドスキーと呼ばれるソリを使った遊びが出来るようです。

IMG_2327

 

今日は本当に良いお天気。冬仕様のフル装備だと、日中帯は汗ばむほど。当初の予定通り、お昼過ぎには次の目的地、石廊崎灯台へ。ここが伊豆半島の南端ですね。

可愛らしい港ですね。

DSC06617

駐車場からは、15分ほど歩きます。

DSC06619

何漁に使うのかしら?

DSC06630

透明度も高そうです。

DSC06632

灯台よりも、まだ先に進めます。

DSC06633

ちょっとだけ、北海道の神威岬に似ているかも。

DSC06637

こんなところに神社が。

DSC06648

岩にめり込んでいるよう。

DSC06658

突端まで行けます。

DSC06666

駐車場に戻ってきました。どうして、船を陸に上げているのでしょうか。何か理由があるのかな?

DSC06686

 

今日のツーリングは、一周する頃には陽が落ちてしまう計算なので、おいしいご飯は最初から諦めていました。兎に角、先を急ぎます。中木にある港へ。

”オート“ キャンプも禁止 ◇

DSC06713

テトラポット

DSC06710

堤防の上で昼寝したい。

DSC06699

 

R136を北上し、土肥の辺りから県道17号線へと海岸線沿いを走ります。南伊豆から西伊豆へのルートを取ると、目の前に富士山を見ながらのツーリングになるので、Very Nice! その分、西日が眩しくて運転は注意が必要ですが。

DSC06729

 

16時前にViewPointの「煌めきの丘」到着。昨年夏は、今の会社に入社したばかりで時間がなく実行出来ませんでしたが、今夏こそは、富士登山を完遂したいものです。

DSC06724

田んぼアート

DSC06728

 

今日の日没はJust 17時。日没直前、急に雲が出てきて、山に沈んでいく陽は見れませんでした。

DSC06741

 

沼津ICから東名に乗り、海老名SAでラーメンをすすり、首都高へと進みますが、大橋JCTが通行止めで大渋滞に突入。へとへとになりながら、21時前に何とか帰宅しました。

カチンコチンに冷え切った体で入ったお風呂の気持ちいい事ったら、もう。

今日はよく眠れそうです。

 

走行距離 : 466km