読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

36歳から始める大学院留学

不定期更新による、留学のキオクとキロク

Final Exam

が終わり、全ての課題を提出し、最終的な成績が発表されました。平均B以上もKeep出来ており、とりあえずは、ほっと出来ました。

この「平均B以上」というのは、フルタイム留学生(簡単に言うと、アルバイトなどはしない勉強だけが目的の、いわゆる”普通の”留学生)にとってとても大切な数字です。

Gradingについては通常

  • A --- 90%以上。「4」とカウント
  • B --- 80%以上。「3」とカウント
  • C --- 70%以上。「2」とカウント
  • F --- ??%以下。「0」とカウント。つまり、落第

で計算し、留学生は一年間のトータルでB以上(3.0以上)を要求されます(これが ”平均B以上”)。

具体的に言うと、私の大学院では一学期で取るべき最低科目数は3つで、

  • B、B、B → (3 + 3 + 3)/ 3 = 3.0 
  • A、B、C → (4 + 3 + 2)/ 3 = 3.0
  • A、A、C、C → (4 + 4 + 2 + 2)/ 4 = 3.0

という具合に計算し、年間での成績でB以上が必要。

この平均Bを下回った場合、簡単にいうと、退学になるようです。。。(正確には、一度だけ”Academic probation”と言う「イエローカード」が出され、それでも成績改善が見られない場合、「レッドカード」とみなし退学)

という事で、平均B以上をKeepした事により、無事に一年目をクリアする事が出来ました。2年目の2015年秋学期は、8月終わりから始まります。その間、夏期講習やインターンシップなどいくつか選択肢はあったのですが、諸事情あり夏休みを取る事にしました。

約3ヶ月半の夏休み。

今後、おそらくこれだけ長い夏休みを取れる事はないので、何をやろうか色々と(嬉しい)悩みがありました。

  • 駆け足で世界一周
  • アメリカ全土ドライブの旅
  • 自転車で日本縦断
  • 勉強!?

それについては、また後ほど。とにかく、夏休みだぁーー